根管治療ガイド TOP > コンセプト

コンセプト

高精度の根管治療をご提供する

高精度の根管治療をご提供する

歯科先進国のアメリカでは根管治療の重要性が認知されています。たとえばラバーダムを例にとってみましょう。アメリカではすべての根管治療専門医がラバーダムを導入しています。一方の日本ですが、ラバーダムを使わない医院も多く、これは根管治療の重要性が認知されていないものと思わざるをえません。

根管治療はいわば歯の土台の治療。虫歯菌に冒された歯を抜かずに維持するための大切な処置です。しかし、日本ではその重要性が認知されておらず、なかには設備や技術などの問題から十分なレベルの治療を提供できないと思われる医院も見かけます。

患者さまにはできるだけご自分の歯を維持していただきたい。

当クリニックではそのように考え、高精度の根管治療をご提供すべく、最新設備の導入、最新知識の習得、最新技術の採用に努めています。

根管治療は歯の土台の治療です

根管治療は歯の土台の治療です

歯の神経にまで虫歯が及んだ場合は神経を除去し、その上に被せものを取り付けます。これは歯の噛む機能を補うためには欠かすことのできない治療ですが、被せものを機能させるためには高い精度の根管治療が必要なのです。もし根管治療が不十分でのちに炎症が起きるなどした場合、残っていた歯もだめになり被せものも機能しなくなってしまいます。

これはつまり、もろい土台の上に家を建てることと同じ。しっかりとした家(被せもの)を建てるためにも、土台を固めること(根管治療)が必要なのです。

ラバーダム防湿とは

口腔内や唾液の中には細菌が多く、唾液を完全に排除しながら根管治療を行わないといけません。また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。ラバーのシートから治療する歯だけを取り出して治療の成功率をあげます。
※口腔内環境によっては人に使えない場合があります。
※ラバーダムを使用した根管治療は自費治療となります。

ラバーダムを使用した治療の成功率

理想的な根管治療は、ラバーダムを使って根管治療をすることが理想です。

ラバーダムを使用(丁寧に治療を行った場合)⇒約90% ラバーダム無し(一般的な日本の保険の根管治療)⇒約50%以下

これらの成功率は、根管治療の初回治療時(初めて神経を抜く際)の成功率です。
ラバーダムを使用して初回に根管治療をしていたとしても、再治療時の成功率は、約60%程度だと言われています。
また、前歯部など部位によっては必要性が低くなる場合もありますが、本来は全てのケースでラバーダムを使用するのが理想です。
しかし、ラバーダムが全てではありません。
ラバーダムさえ使用すれば根管治療の成功率が高くなるというわけではなく、他にも消毒や仮のふたなど、様々な要素が成功率には影響してきます。

  • このページの先頭へ戻る

根管治療とは

医院紹介

診療のご予約・お問い合わせ