根管治療ガイド TOP >歯科用CT・マイクロスコープのご紹介

歯科用CTとマイクロスコープを導入しました!

CT Kavo 3D eXam

3次元データによる圧倒的な情報量

3次元データによる圧倒的な情報量

一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになり、さらに正確な診断をおこなうことができるようになりました。インプラント、矯正、抜歯など、幅広い応用が可能で、治療の安全性を飛躍的に高めます。

直観的理解による納得のいく診断

直観的理解による納得のいく診断

3D画像(立体画像)により、さらに直観的で分かりやすい説明が可能になりました。患者様に安心して治療を受けていただけるようになりました。

患者様に優しい高機能

患者様に優しい高機能

検査時間はわずか8.9秒(通常検査)と世界最高水準で、座位による楽な姿勢で無理のない検査を実施します。

  • このページの先頭へ戻る

マイクロスコープ Leica M320 F12-D

歯を削る際にはマイクロスコープ(最大20倍大)もしくは拡大鏡(5倍大)にして虫歯の取り残しや無駄な歯質の切削がないように心がけています。

マイクロスコープ Leica M320 F12-D

まずは初診時に検査と状態確認をして治療計画、お見積もりをお出しいたします。(初診検査のみ保険診療)
治療方針が決まりましたら、予約を取ります。マイクロスコープを用いた根管治療は、完全予約制(60分間)となっております。こちらの治療は全て自費治療となります。当日の予約変更、キャンセルの場合は、キャンセル料が発生いたしますので予めご了承下さい。

【治療費】
例)当日治療費 + マイクロスコープ使用料 1回につき8,400円(ほぼ毎回使用)となります。

マイクロスコープ Leica M320 F12-D

  • このページの先頭へ戻る

診療のご予約・お問い合わせ