根管治療ガイド TOP >根管治療とは

根管治療とは

歯を長持ちさせる根管治療

歯を長持ちさせる根管治療

画像をクリックすると拡大表示されます。

根管治療とは重度の虫歯治療に用いるもので、虫歯菌に冒された神経を除去して根管内を洗浄し、歯の維持につなげる治療です。根管は非常に複雑で治療には高度な技術が必要になりますし、洗浄が不十分だと虫歯の発生や歯根の炎症などが起きて再治療が必要になるため、歯科医師には技術や知識などさまざまな要素が求められます。

歯の寿命と神経の関係

歯の寿命と神経の関係

歯に栄養を届ける、虫歯の進行を抑えるなどといった役割を持つ歯の神経。この歯の神経が虫歯に冒されると根管治療が必要になりますが、実は神経がなくなった歯は寿命が縮んでしまうのです。たとえば木の枝を考えてみてください。細くても生きている木であれば折れにくいのに対して、枯れてしまった木はもろく折れやすくなっていますね。

歯も木と同じことがいえます。神経がなくなり栄養が届いていないと歯は大変もろく折れやすくなってしまうのです。また痛覚がなくなっているため、知らぬ間に虫歯がかなり進行してしまい、歯にダメージを与えてしまうというおそれもあるのです。

虫歯に冒された神経は除去しなければいけませんが、そうならないよう早めに虫歯治療を受けることが理想的です。

神経を抜くことのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 虫歯の痛みがなくなる
  • 虫歯の広がりを止めることができる
  • 歯がもろくなる
  • 虫歯が進行していても気付きにくい
  • このページの先頭へ戻る

痛み・症状について

根管治療の現状

診療のご予約・お問い合わせ